>

NISAにはどんな特徴があるのか

通常NISAの特徴

利益に対して非課税になるのが最大の特徴とメリットですが、その分制限があります。
通常のNISAの場合は、投資に1年間で使える金額が最大120万円までです。
期間は5年で、投資できる商品は日本の株、海外の株、投資信託など幅広く扱っています。

株にも投資が出来たり、年間120万円までと投資金額が大きいこと、自分のベストタイミングで商品を購入できるのもメリットです。

デメリットは通常の株では損失が出た際に損益通算をする場合がありますが、NISAではそれが出来ません。
非課税対象は利益に対してのみなので税金を多く支払わなければならない可能性があります。

NISA制度を利用するならハイリスクハイリターンの運用は不向きかもしれません。

つみたてNISAの特徴

つみたてNISAは通常NISAよりも後にできた制度でつみたてに特化しています。
利益に対して非課税である事は通常NISAと同じですが、投資に1年間で使える金額は少なくなり、40万円までとなっています。
長いスパンでの資産運用の応援が狙いでもあるので、非課税の期間は20年と長いのも特徴です。

扱える商品は投資信託のみで株の運用ができません。
投資信託の商品も、実際の投資信託は何千本も種類があるのですが、その中から国が長期投資に適しているもの、投資の初心者でも投資ができるもの、運用管理にかかる手数料が少ないものなどを考慮してラインナップしています。

通常の投資信託より選べる商品がグッと少なくなってはいますが、知識が少なくて良くわからない人にとって、リスクはあらかじめ抑えられた商品なので安心できるというのもメリットですね。


この記事をシェアする