いまさら聞けないNISAについて

いまさら聞けないNISAについて

NISAっていったい何

投資の中でも手軽にできて、おまけに非課税ならすぐにでも始めてみたいと思うかもしれませんが、一人1口座しか持てない事、チェンジするなら1年待たないとできません。 会社によって扱う商品も違うので良く調べてから始める方が良さそうです。 マイナンバーも必要になったりと書類の準備も若干の手間がかかります。

NISAにはどんな特徴があるのか

NISAは上限金額や一定の期間などの制限はありますが、運用利益が非課税だと言うのが最大の特徴です。 通常の証券会社の口座なら一人で多数の口座を持つことが可能ですが、NISAの場合には一人一口座しか持つ事が出来ません。 他銀行に変えたい時は1年待たなければならないという決まりもあります。

どんな人に向いてるのか

未成年でも口座が持てるジュニアNISAもありますが、NISAとつみたてNISAは国内在住の20歳以上の国内居住者が対象になっています。 投資はやってみたいけれど、リスクが大きかったりギャンブル的な要素が強いタイプの投資は自分には向いていないと感じるような人に特におすすめです。

すぐに始められるのか

銀行にお金を預けていても利子もあまりつかないし、寝かせているだけでは勿体ないから投資にチャレンジしてみたいなぁと感じたことはないでしょうか。
株や先物取引もすごく興味があるし始めてみたい気持ちはあるけれど、騙されて損したり、予測を外した時のリスクを考えたら怖くて手が出せないと言う人もいるでしょう。

NISAなら、普段利用している銀行でも宣伝しているし騙されるのではないかという観点から考えると安心できるシステムだと言えます。
投資が全く初めてだと言う人や投資はギャンブル要素が低く手堅い物が良いと言う人にもおすすめです。

NISAはニーサと読みます。
投資の一種で、国が応援する少額投資非課税制度の事をいいます。
将来に向けての資産作りをNISA制度を使えば税金が非課税になります。

国の応援って何だろうというのは謎に感じる部分ですが、非課税にして税金を取らないという方針が応援している形になっています。

何が非課税かと言うと対象になるのは利益の部分です。
株式や先物取引、仮想通貨などの投資の場合、利益に対しておよそ20%の税金を支払わなければなりません。
例えば利益1万円の場合なら2千円程度も税金で持って行かれてしまうのです。
そう考えると利益がそのまま残せる非課税って魅力的ですよね。

取り扱う会社によって扱う商品が違うのと、NISA,つみたてNISAとタイプがあり、N購入できる商品や使える金額の枠、非課税の期間違うなどの特徴があります。

おすすめリンク